人を救う前に自分を大切に!カウンセリングナースは看護師の”自虐”を止める

患者さんのため、人の健康のため・・・

社会に貢献してるんだから・・・

そんな看護師のあなたは・・・”私”を大切にしてますか?

 

看護師のみなさん、”自分の健康”に自信はありますか?

忙しい業務に追われ、人間関係に苦しみ、仕事が終わる頃にはぐったり・・・。“やる気が出ない”、”休日に出かける気力がない”、”最近いつもどこか調子が悪い”そんなことはありませんか?

 

ドキッとしたあなた。自分の心と体に、目を向けていますか?ご自身を大切にしていますか?

 

でも忙しいのは仕方ないし・・・。

病気の患者さんの援助をするのは当たり前だもん。

自分さえ我慢すれば済むなら仕方ないよ・・・。

 

周りの人のことはとても大切にしているのに、なぜか“自分”はいつも疲れている・・・。そんなふうに自分を犠牲にしてまで頑張る看護師さんが、世の中にはたくさんいます。

 

今回ご紹介するのは、そんな”自虐的”な看護師さんを一人でも減らしたい!と願い、心理カウンセラーとして活躍している看護師さんです。自身も看護師であり、様々な紆余曲折を経てきたからこそ分かる看護師の苦悩・・・。

 

“人を幸せにするために、まずは自分が幸せになろう”そんな想いをたくさんの看護師に届けている彼女。その波乱万丈な看護師人生とは・・・?

 

包み込むような朗らかさ!優しいママナース・心理カウンセラーの幸子さん

 

幸子さん
爽やかでいいお天気!

公園で散歩いいね~♡

 

紅葉がきれいな時期ですね♡

よろしくお願いします~!

 

今回紹介するのは“自虐ナース撲滅カウンセラー”として活躍している嶋田幸子さん。

幸子さんはご自身が心身共に苦しかった時期が長かったことや、自分だけでなく周りの看護師の疲弊する姿を目の当たりにしてきたことから、“看護師が幸せに働き続けられるよう力になりたい”とカウンセリング技術や認知行動療法を学習。

現在は心理カウンセラーとして様々な活動をしながら家事・育児もこなし・・・老人ホームでも働いているパワフルなワーキングママナースです!

 

縁joy♡ナース散歩 with ななこさん

 

ななこさん
ご一緒してもいいですか?

お邪魔しますっっっ!

 

幸子さん
ななこちゃんは”自虐”してない?(笑)

つらいときはお互い様!相談に乗るからね♡

 

ちょっぴりお疲れ気味のナース・ななこさん。

自虐ナース疑惑(?)のななこさんと、自虐ナース撲滅カウンセラーの幸子さん。その道中、どうなることやら・・・?♪

 

幸子さん
あれ~

もしかしたらマイちゃんも”自虐”してるかもよ?(笑)

 

ドキッ!

 

波乱万丈!病気、流産、休職・・・頑張れば頑張るほど壊れていく心と体

 

幸子さん
高校卒業を機に地元を離れて、看護師になるために神奈川で生活を始めました。

准看護師を取って看護師・・・と働きながら学校に通い続けたのでその頃から生活はハードでしたね!

病院での経験がないうちから老人施設で働いたりしたので、分からないことも多くて責任とプレッシャーを感じていました。

 

ななこさん
わ~私も准看護師経由です!

みんな夜勤明けで学校来てたりしましたね!

 

ななこちゃんと私同じ学校だったもんね~

働きながら学校って・・・今思い出してもよくやれたなって思うよね!

早朝勤務とか、戻り勤務とか!(笑)

 

※准看護師出身の人にしか分からない?!「戻り勤務」

“准看護師から看護師”は経済的理由などから、働きながら時間をかけて看護師になる(場合が多い)コース。

ほとんどの学生が働きながら通学しているため、早朝に仕事(または夜勤明け)→昼に授業→夕方から再び仕事(または夜勤入り)といった生活を送る場合が多い。

「今日、戻り?」というここでしか分からない会話がよく繰り広げられる。

 

幸子さん
色んな病院で経験を積みながら、勤労学生生活を終えて。結婚もして。

脳外科・外科の病棟で働いてたんですけど、流産やガンを経験して・・・。

仕事は大変だし責任も増えていくし、辛くてもつい頑張っちゃうし・・・。全然、心身のセルフコントロールができなくなっちゃって。

 

学生時代にハードな勤労学生生活や家族の急死など、つらい経験を乗り越えて看護師になった幸子さん。その後結婚し、子どもを授かったものの流産・・・さらに子宮がんと、心と身体を蝕むようにいくつもの出来事が積み重なっていきます。

 

幸子さん
全然体調維持ができない状態で・・・異動して・・・もう、自分でもなにがなんだか分からない状態でした。

自律神経失調症とか、うつとか、色々診断がついて。休職して・・・そのまま辞めることになりましたね。

その後、家族の事情で滋賀で暮らすことになって引越しをして。

環境が変わってしばらくしたら、ふっと子どもができたんですよね~(笑)

 

ひゃ~!次から次へと色んなことが・・・!

わたしも会社員時代、20代前半で自律神経失調症とうつ病の診断を受けて、休職・退職しました。

一気に社会人、そこからのステップアップ結婚・出産とか・・・20代30代って特に女性にとっては人生のライフステージの変化が目まぐるしくなる時期ですよね。病気の診断は受けていなくても、悩んでいる人はすごく多い・・・。

人の命を守る仕事である看護師は、責任やプレッシャーも大きい。頑張りすぎて自分の心身がボロボロ・・・そんな道を辿ってしまうのも思わず納得ですよね。

 

幸子さん
妊娠・出産の頃に「不調を自分で治そう」「セルフコントロールできるように」と思って図書館に行って勉強したりしました。

“認知行動療法”“心理学”を独学や通信で勉強したけど・・・そのときはあまり身にならなくって(笑)

 

就職・結婚・妊娠・・・次々に移り変わっていく女性のライフステージ。幸子さんは心身に起こるさまざまな苦難と闘いながらも、お子さんを出産。その後、元々住んでいた神奈川に家族で戻ってきました。

 

誰もが患う心と体!頼もしかった同期の休職・退職を機に、心理カウンセリングの世界へ

 

幸子さん
こっちに戻ってきて、前に働いていた病院に復帰したんです。

その頃に、今度は同期が心身のバランスを崩して休職・退職してしまって・・・。しかも立て続けに二人、信頼していた同期でした。

元々すごく看護に情熱を持っているような子だったので、そんな子が心の不調で辞めるってものすごく衝撃的でした・・・。

 

うぅっ・・・!それ、すごいショックですよね。

人一倍やる気があったはずの人まで、心身のバランスを崩してしまうなんて・・・。

でもそれって、裏を返せばそうさせてしまうだけの環境や要因があるとも考えられますよね・・・。

 

家事・育児をしながら、新卒から働いていた病院で再び働き始めた幸子さん。そんな矢先、同じ病院でずっと仕事を続けていた同期二人が、立て続けに心を患い休職・・・さらに退職してしまいます。

 

幸子さん
休職中に相談を受けていたけど、当時の私は話を聞いてあげることしかできなくて。

悲しかったし、なにもできなくて悔しかった・・・。こういうことって誰にでも起こるんだなって思いました。

それで、そうならないためにはどうすればいいんだろう?

対処方法を自分も身につけたいし、周りの人も救いたい!

そう思って、心理カウンセラーの養成スクールに通って勉強を始めました。

 

目の前の仲間に対して“何もできなかった”というつらさや無力感。そして思い悩んでいた自分が特別変わっているのではなく、“誰にでも同じことが起こる可能性がある”ということを思い知らされた幸子さん。

 

そして誰にでも起こるのであれば、誰もが対処方法を身に付けることができる・・・。

 

幸子さんは心理カウンセリングを本格的に学ぶため、働きながらカウンセラーのスクールへ。”認知行動療法”を軸にしたカウンセリング技法を学び、【心理カウンセラー】【メンタルトレーナー】【ハンドリフレカウンセラー】【認知行動療法士】の資格を取得しました。

 

「ストレスはなくならない」と考えて諦めていらっしゃいませんか?

認知行動療法』は、ストレスな状況にいたる否定的な考え方(認知)を自分自身で気づき、修正しながら、バランス良い考え方を身につけられる療法です。

世界の医療現場で効果的として報告され、日本でも厚生労働省が効果を実証しており、うつ病・パニック障害・摂食障害・PTSD(心的外傷後ストレス障害)を初めとする心の病気にも大変有効です。

効果の秘密は 1)副作用がないことと、2)再発率が低いこと。

『認知行動療法』は、相談者に”かたよった考え方(認知)”を気づかせることのできる療法のため、世界的に最も効果が高い心理療法と報告されています。

(※ハートフルライフカウンセラー学院HPより抜粋、引用)

 

“否定的な考え”、”偏った考え方”・・・その”認知に気づかせる”。つまり“本人が自分で気づくように促す”のが認知行動療法です。

 

奉仕・自己犠牲の教育が根強い日本では、否定的な考えを持つ人が少なくありません。さらに看護師は人一倍、社会貢献や奉仕の精神が強い人が多く「患者さんのため」「みんなが大変な分、私が頑張らなくては・・・」と自らを犠牲にしてしまいがち。

 

そして、すでに十分頑張っているにも関わらず次から次へ業務に追われ「こんな自分には看護師は向いてない・・・」「できない自分はダメなんだ・・・」とさらに自己評価を下げてしまいます。この状態が続くと、それはもはや謙遜ではなく”自虐”・・・自らの認知が歪んでいることにも気づけないまま、ストレスにより心身を壊していってしまいます。

 

そんな「負の連鎖」“看護師の置かれている環境から作られている”ことに気づいた幸子さん。それに対処するための「認知行動療法」を習得し、自分や同期と同じような“自虐ナース”に”自らを救うこと”を伝えるため、カウンセラーナースとしての道を歩み始めます。

 

「人を大切にするために、まずは自分を幸せに」紆余曲折を乗り越えてきた幸子さんはやはり”誰かのため”に優しく微笑む

 

幸子さん
ね、ななこちゃん。ななこちゃんも”自虐”してるでしょ?(笑)

マイちゃんも、”自虐”してたでしょ?

 

ななこさん
確かに・・・自虐してる!(笑)

なんだか可笑しくなってきちゃいました!

笑うしかないっていうか・・・ふふふ。

 

わたしも、めっちゃ自虐してました~~~!(笑)

“うつ病になるなんて、自分はダメな人間なんだ”って。

自分で決め込んで、自分をいじめてましたね~!

 

 

みんなで話してたら・・・元気が出てきたぞ!

 

幸子さんは現在、家事・育児、老人ホームでの看護業務を行いながら心理カウンセラーとして活躍。個人カウンセリングや看護師へのメンタルケア指導、さらには看護学校受験の予備校でのチューター業務など、看護師・看護師を目指す人への幅広いサポートを行っています。

 

こんな悩み、ありませんか?

・失敗ばかりしてしまい、周りに迷惑をかけている
・人間関係のトラブルがどこの職場へ行っても起こしてしまう
・先輩や上司、同僚から嫌われている気がする
・仕事を辞めたい、行きたくない気持ちばかりになってきた
・患者さんとのコミュニケーションが苦手
・看護の仕事は好きだけど、自信がない

カウンセリングナース・幸子さんに相談してみませんか?
カウンセリング相談はこちらから

ブログでも情報発信中です♡

 

幸子さん、頑張りすぎ!

ちょっと~自虐してない?(笑)

 

幸子さん
ふふふっ!

楽しんでやってるから大丈夫です♡

 

“自虐するナース”をなくしたい・・・「看護師を辞めたい」と苦しみながら働くナースの声をなくしたい・・・。「自分を大切に」と伝え続ける幸子さんは、やはり苦しんでいる誰かのために、そのあたたかい情熱と優しさを注ぎ続けています。

 

誰よりも明るい笑顔で疲弊するナースの心を照らし続ける”自虐ナース撲滅カウンセラー”幸子さん。わたしはそんな幸子さんの健康と幸せを応援していきます!

 

 

 

 

看護師を応援するLINE@はじめました!
ナースのための交流会・婚活・お役立ち情報を配信♪今まで取材したナースや仲間のイベント情報も♪転職・キャリアの個別相談受付中♪

「幸せになりたい!」そんなナースのあなたの登録をお待ちしています♪

 

 

ゆるっとSNSからつながり募集♪フォローお待ちしてます♪

 

 

あなたの想いや仕事を、記事として形にしませんか?

 

 

<当サイトの免責事項について>

当サイトでは、実際にお会いして信頼できる方のみ紹介記事を掲載していますが、紹介者の提供するサービスに関しては各自の判断・責任のもとでご利用願います。健康に関しては”これは絶対に誰にでも合う”というものはありません。ご自身に合う健康管理方法やアドバイザー、サービスを見つける情報ツールとして当サイトをご利用ください。当事者間でのトラブルに関しては運営では責任を負いかねます。